NOIR HOMME Hair Medical

性欲と薄毛の関係性についてまとめています。広島のDANTEなら薄毛治療・スピード発毛が可能!

性欲が強いと薄毛になりやすい?

性欲が強い=薄毛になりやすい?

1.性欲が強い=薄毛になりやすい?

 男性ならば、「性欲が強いと薄毛になる」という噂話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
 今回は、その噂話について、科学的根拠があるのかなど、真実をご紹介します。
 広島で薄毛に悩んでいる男性や、発毛治療をお考えの男性は、一度ご覧ください。
薄毛と深く関係する男性ホルモン

2.薄毛と深く関係する男性ホルモン

 確かに噂話のように、芸能人や映画俳優などを見ても、薄毛の男性はどことなく性欲が強そうなイメージを持ってしまいます。
 漫画やドラマなどでも、性欲の強い人物を表現する時に、薄毛にすることも多いようです。
 しかし、いつから「薄毛=性欲が強い」というイメージが定着するようになったのでしょうか?
 いつ頃からかは不明ですが、男性の性欲はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が大きく関係しています。
 このテストステロンの分泌量が多い人ほど、性欲も強くなるということです。
 そして、男性が薄毛になる大半の原因である、AGA(男性型脱毛症)についても、このテストステロンが深く関係しています。
 そのような背景から考えると、薄毛と性欲に関係性があることは、単なる噂話とは言い切れないかもしれません。
悪玉男性ホルモンが薄毛やAGAの原因

3.悪玉男性ホルモンが薄毛やAGAの原因

 前述のように、性欲の強さはテストステロンの分泌量に左右される部分が大きいです。
 しかし、薄毛やAGA(男性型脱毛症)を引き起こす男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる、テストステロンと5αリダクターゼ(酵素)が結びつき悪玉の男性ホルモンとなったものです。
 つまり、AGA(男性型脱毛症)の発症には、ジヒドロテストステロンと毛に栄養を送る毛母細胞の関係性に問題があり、直接的にテストステロンが関与するものではありません。
 そのため、安直に「薄毛=性欲が強い」と決めつけることは出来ないでしょう。
発毛治療・AGA治療を行うには

4.発毛治療・AGA治療を行うには

 性欲が強いと薄毛になるという噂話を信じてしまい、将来薄毛になってしまうのではないかと不安になる若者も多いようです。
 しかし、先ほど開設したように、性欲と薄毛には直接的な関係性がありません。
 男性であれば、性欲が適度にある方が自然ですし、男性ホルモンの正常な分泌を行わるようになります。
 噂話を信じ込んでしまい、無意味にストレスを溜め込んでしまうことの方が、薄毛の原因になりやすいかもしれません。
 発毛治療・AGA治療を行っていく上で、ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の分泌を抑えることはとても重要なことです。
発毛治療・AGA治療を行うには2
 しかし、薄毛を改善し発毛をさせるためには、それだけでは不十分の場合があります。
 薄毛は、食生活や生活習慣が乱れていたり、頭皮環境が悪化していたりと様々な要因が重なり合って起こるものです。
 それら全ての原因を改善しないと、発毛治療・AGA治療によって十分な発毛効果を得ることは出来ません。
 DANTEが採用しているスーパースカルプ発毛法では、薄毛になる原因を全て解決し、皆様にきちんとした発毛効果を実感して頂くよう全力でサポート致します。
 ”発毛率98.7%”という、信じられないほどの発毛実績がありますので、薄毛や抜け毛で悩んでいる男性は一度ご相談ください。
 広島市で、”スーパースカルプ発毛”を受けられるのはDANTEのみとなっております。
 AGA(男性型脱毛症)以外に全ての脱毛症に対応することが出来ますので、もう自毛による発毛を諦めていた男性も、最後の挑戦と思って当店にご来店いただければと思います。