NOIR HOMME Hair Medical

ワックスやジェルが発毛にとって害となる理由を掲載しています。広島のDANTEで本気の発毛治療。

ワックスやジェルは発毛の大敵

毎日髪に付ける整髪料

1.毎日髪に付ける整髪料

 現代人にとって、ワックスやジェルなどの整髪料は、毎日の髪のセットに必需品となっています。
 しかし、「整髪料を付けると薄毛やハゲになる」という噂を一度は耳にしたことがありますよね。
 実は、その噂は間違っているとは言い切れず、整髪料が頭皮環境を悪化させ、薄毛やハゲの原因となる可能性があります。
 今回は、ワックスやジェルが頭皮に悪影響をとなる理由などをご紹介していきます。
 広島で発毛をお考えの男性の中で、毎日整髪料を使用している人は一度ご覧ください。
整髪料に含まれる成分

2.整髪料に含まれる成分

 ワックスやジェルのほとんどに、「界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれています。
 界面活性剤というのは、本来混ざらない水と油を取り持ち、溶けたような状態にするものです。
 そのような仕組みを利用し、油分を含む汚れを落としたりするわけです。
 しかし、界面活性剤が少なからず髪の毛や頭皮へダメージを与えるのも事実です。
 髪の毛や頭皮には、表面に乾燥を防ぐための油分の膜が存在します。
 その膜を界面活性剤によって破壊されてしまい、水分が失われて乾燥状態になってしまいます。
 そのため、ワックスやジェルを長時間付けたままにしておくと、界面活性剤が髪や頭皮を乾燥状態にしてしまう恐れがあります。
整髪料を使用する際の注意点

3.整髪料を使用する際の注意点

 続いて、整髪料を使用する際の注意点を説明していきます。
 注意すべき点を守っていただくことで、発毛治療や薄毛対策がより効果的になります。

(1)頭皮に直接つかないようにする
 ワックスやジェルが頭皮に付くと、毛穴が整髪料で塞がってしまいます。
 その結果、炎症などの肌トラブルを引き起こす原因となります。
 頭皮にダメージが与えられると、薄毛やハゲになるリスクが高くなるのは言うまでもありませんよね。
長時間付けたままにしない
(2)長時間付けたままにしない
 皆さんの中でも、ワックスやジェルを付けたまま寝てしまった経験はありませんか?
 眠いのは仕方ないですが、頑張って洗髪を行わないと、将来薄毛やハゲになる可能性が高くなります。
 整髪料は、家に帰ったらできるだけ早めに洗い流すようにしてください。

(3)使用期限を守る
 気に留めたことはないかもしれませんが、ワックスやジェルにも使用期限があります。
 未開封の状態であれば2年程度の使用期限となりますが、開封してしまうと半年ほどになるとお考えください。
発毛を促すための方法

4.発毛を促すための方法

 髪や頭皮にダメージを残さないようにすることは、皆さんの発毛を促すことに繋がります。
 ワックスやジェルをシャンプーでしっかりと洗い流すことは重要です。
 そして、シャンプーも頭皮や髪に良い成分が含まれているものを選びましょう。
 オススメのシャンプーは「アミノ酸シャンプー」であり、これは髪の主成分であるタンパク質を補うアミノ酸が含まれています。

 それ以外にも、頭皮マッサージをするのも発毛を促すのにオススメの方法です。
 全体を覆うように頭を両手で掴み、指の腹で下から上に頭皮を持ち上げるようにマッサージしてみましょう。
 ゆっくりと適度な力を入れてマッサージすることで、頭皮の血行が良くなり発毛が促進されます。
まとめ
 以上が、ワックスやジェルが髪や頭皮に与える影響となります。
 整髪料は毎日使用する物のため、使い方によっては頭皮に大きな負担を掛けてしまいます。
 必要最小限の時間だけ付けるようにし、洗い流す時はシャンプーでしっかりと落とすよう心がけてください。

 DANTEでは、”スーパースカルプ発毛”という技術力の高い発毛施術を行っていきますが、それ以外にも発毛に関することについてアドバイスを行います。
 整髪料を使用するリスクや正しいシャンプー方法など、頭皮環境を改善させる方法についても丁寧にお伝えしますので、ホームケアをして頂くことでより早く発毛効果を実感することができるようになります。
 広島で薄毛や抜け毛にお悩みの男性は、どんな些細なことでも発毛治療専門店のDANTEへご相談ください。
 発毛することで今まで以上に自分に自信が持てるようになり、今後の人生が明るいものとなります!